一樹千尋のライブ配信一覧

※掲載の公演情報は、主催者等により内容が変更になっている場合がございます。お客さまは、必ず別途主催者等の公演情報をご確認ください。

スポンサーリンク

配信終了

一樹千尋は、宝塚歌劇団の専科に所属する男役。テレビで見た鳳蘭さんに憧れて宝塚を志し、1973年に59期生として宝塚に入団。星組に配属される。同期には女優の大地真央や元雪組トップスターの平みちがいる。1990年に星組の副組長に就任後、1993年には星組組長となった。その後1996年に専科へ異動となり、現在も様々な作品に出演し続けている。入団当初は鯉のぼるという芸名だったが、家族と相談したうえで入団13年後に一樹千尋と改名した。出演作品としては、『エリザベート-愛と死の輪舞-』のマックス公爵のほか、『王家に捧ぐ歌』でアモナスロを2回、『ベルサイユのばら-オスカル編-』のブイエ将軍を4回、『ロミオとジュリエット』のキャピュレット卿を3回演じている。宝塚に欠かせない看板作品において将軍や王、父親役として欠かせない男役である。最近好評だった作品は『ポーの一族』の大老ポーで、物語を引き締める役どころ。経験が長いからこそ作り出す重低音ボイスが好評で、ダンスが少なくお芝居が多い1本物の作品には欠かせない存在だ。一樹は、専科としていつでも声がかかるような存在が出せる男役でありたいと今後の男役像を語っている。

ページトップへ