夏月都のライブ配信一覧

※掲載の公演情報は、主催者等により内容が変更になっている場合がございます。お客さまは、必ず別途主催者等の公演情報をご確認ください。

8月 22日 ()

スポンサーリンク

配信終了

夏月都は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。愛称は「なつこ」「なっちゃん」。2002年に入団した88期生で、星組公演『プラハの春/LUCKY STAR!』で初舞台を踏んだ。主な同期生には、元花組トップ娘役の桜乃彩音や元星組トップスターの紅ゆずる、元宙組トップスターの朝夏まなとらがいる。初舞台後は、月組に配属。新人公演時代から当時の組長・出雲綾の役を任されるなど、年配の女性役が似合うタイプのタカラジェンヌである。本人も好きだった役に挙げているが、2021年『春の雪』の増田とみ役は必見だ。主演の明日海りお演じる松枝清顕の祖母役を迫力たっぷりに演じ好評を博した。他にも『エリザベート』のルドヴィカ公爵夫人役や『ON THE TOWN』のマダム・ディリー役など、舞台を引き締めるバイプレーヤーとして活躍。今や芝居を得意とする月組に欠かせない存在である。2018年11月には月組の副組長に就任。組長の光月るうと共に同期コンビで組を引っ張っている。2019年の『クルンテープ 天使の都』では光月と共にエトワールを担当。二人の息の合った歌声が客席を魅了した。管理職の入れ替わりが激しい月組。これからも長く在籍して欲しいと願うファンは多い。ちなみに、ファンの間では有名だが、夏月と俳優の小池徹平はいとこ同士だという。

ページトップへ